ハリアーのカーラッピング


トヨタ ハリアー

【施工場所】
ルーフ(サンルーフあり)
ボンネットガーニッシュ
リアガーニッシュ
シャークアンテナ

【使用フィルム】
住友3M ラップフィルム 1080シリーズ

CF10 カーボンファイバーホワイト
ボンネットガーニッシュ

CF12 カーボンファイバーブラック
ルーフ
リアガーニッシュ
シャークアンテナ


お客様より施工依頼をいただきました。


【シャークアンテナ】

アンテナ周辺の部品をどんどん外していきます。









右側のCピラートリムを外します。
左側は各所を緩めただけです。




ルーフに隙間が出来ました。
これで手が入るだけの空間が出来ます。
シートベルトを外した穴からも手が入ります。



ルーフの鉄板と天井の隙間です。
アンテナのコネクターを外しました。



アンテナを外すと外が見えます。



ここからがアンテナ本体の施工です。




ラッピングシートを巻き込む為基盤部分と分離します。



1枚での施工が困難なので2枚での分割施工となります。



予めナイフレステープを仕込んであります。



ピンク色のナイロンテープを引いてカットします。




カットした不要なラッピングシート剥がします。



端部は中に巻き込みます。



1枚目がこんな感じに出来ました。



残りの部分を施工します。



テンションをかけながら徐々に密着させます。




2枚目もOKです。



裏側はこんな感じで…




画像にはありませんが1枚目のラッピングシートにナイフレステープを仕込み2枚目を施工した後にカットしました。




裏側の余分な部分をカットして完成です!




【ボンネットのガーニッシュ】

ノーマルはメッキタイプです



貼り込みとカットは簡単ですが両端の鋭角に尖った部分が気を使います。





裏側に巻き込みました。



こんな感じに仕上がりました!



オシャレですね♪






【ハッチの部分施工】


鉄粉除去&磨きからです。



ポリッシャーによる研磨作業です。



ツルツルのピカピカになりました。



まずは型取り



端部巻き込み処理&カットが難しい為取り外しました。



余裕を持たせた大きめのシートを被せます。



湾曲3Dの度合いは大した事ありませんので比較的かんたんです。



後々浮いてこないように端部の巻き込みと挿入を慎重に行います。







施工性を良くする為に外した部品を取り付けます。
この部品は裏側からビス止めになっています…
なのでボディーに付いた状態では外せないんです…



外した部品をどんどん戻します。



テールランプ



リアスポイラー




【ルーフ】


ルーフモールを外します。
かなり傷んでいた為モールにも施工します。



ラッピングシートはモールの中でカットする為キレイに掃除します。



サンルーフのモールの中もキレイに…



ルーフは鉄粉が付着してザラザラだったのでトラップ粘土で除去
茶色に見えるのは鉄粉です!!




磨きの為のマスキングです。
モール類や余計な部分にバフが当たり変色や削れないようにします。



トラップ粘土の後は必ず磨きます。



ナイフレステープを仕込みます。



サンルーフにもナイフレステープ



裏紙だけをカットしてあります。
ここからめくって貼り進めていきます。




ナイフレステープの先まで確実に貼り付けます。



貼り込み完了でこんな感じです。



仕込んだ順番と逆の順番でカットしていきます。
間違えると交差の部分で止まってしまいますね。



糸は進行方向に真っ直ぐ車体に這わせるように引きます。



フロントガラス部分



リアスポイラー部分



カット後このように中に入れて圧着します。



フロントガラスのモールへの差し込みはヘラを2本使用して入れていきます。




隙間なくキレイに収まりました



ルーフモールもカットしたらこのようになります。
モール取り付け後は切り口は隠れます。



サンルーフはナイフレステープの部分に穴を開けて露出させます。



カット後不要部分を剥がします。
ラッピングシートはモールに数ミリ被っています。



全部剥がしました。



ヘラ等を使用して入れ込みます。



アンテナ部分も中に巻き込みます。



アンテナを取り付けました。







サンルーフ部分もしっかりと中に入れました。



ルーフモールにも施工しました。
施工あり・なしで結構印象が変わります!!





【完成画像集】













オーナー様、当店ご利用ありがとうございます。
撮影にもご協力いただきましてありがとうございました!

今後とも宜しくお願いいたします。

次のページ

前のページ

トップページ