ヘッドライト スチーマー

まずはヘッドライトスチーマーによる加工をご覧ください。


ヘッドライトスチーマーとは、
特殊な溶剤を気化させて研摩したヘッドライトにあてて溶解させ表面を再構築させます。

前処理の研摩は最終的には3000番~4000番まででポリッシャーでの仕上げは不要です。
仕上がりに関する注意点がありまして、ハードコートの層には反応(溶解)しないため「剥離残し」があると失敗します。
ある意味研摩のみで仕上げる従来の方法よりも緻密な研摩が必要とも言えます。
ライトの周囲2mm~3mm位の場所は要注意です。

施工に際し、施工者が注意しなければならない注意点もありますがここでは省略致します。
※よく調べずに個人レベルでは絶対に施工しない方がいいです。


お客様より「とにかくきれいにして欲しい」とのご依頼です。
施工前の16アリストです。
ご自分で何度か研摩してコーティングを施工したそうですが、すぐに元にもどり黄ばんでしまうそうです。




ヘッドライトの状態を確認しバフレックス2000番を選択
オービダルサンダーで研摩



2000番研摩、全体の一部ですが動画でどうぞ。



2000番での研摩でこんな感じです。





次に3000番のバフレックス



3000番研摩、全体の一部ですが動画でどうぞ。



3000番だとここまで透けてきますが、このままでは最初の状態よりもくすんで(曇って)いますね。





ここからいよいよヘッドライトスチーマーの登場です!
溶剤を専用カップに入れます。



まっ青!!



電源を入れて数分待つと先端のノズルから溶剤の気化したものが「モヤモヤ~」と出てきます。



ハイビームライトの施工です。



きれいに仕上がりました!



撮影と掲載を快諾してくださりましたオーナー様、ありがとうございました。


車種:ソアラ

【施工前】
若干の黄ばみとくすみがあり、クラックが進行した状態です。



キラキラ・チリチリ光ってるのがクラックです。





養生して研摩の準備です。



♯400位のペーパーで研摩して段階的に細かくし、♯3000~♯4000まで仕上げます。









ここまで仕上げたらヘッドライトスチーマーで加工します。
動画(一部8倍速)でご覧ください。



完成です!





クラックは若干残りましたが、確実に改善されました。




完成後の動画です。


撮影と掲載を快諾してくださりましたオーナー様、ありがとうございました。


ホームページ 3周年記念企画
スチーマーコースが50%OFF!!
2灯:30,000~→15,000円(税別)
4灯:45,000~→22,500円(税別)

下記価格表は定価(通常価格)です。
担当:山本 090-3107-9601



ヘッドライトリペア画像集

次のページ

前のページ

トップページ