オーロラ79(ゴースト2ネオ)施工画像


このフィルムの特徴
立った(地面に対し垂直に近い)ガラスは青・紫系
寝た(地面に対し平行に近い)ガラスは薄い紫~薄いグリーン~シャンパンゴールド系が出やすいです。

クラウンとプリウスαのフロントガラスは寝た(地面に対し平行に近い)ガラスなので薄い紫~薄いグリーン~シャンパンゴールドが出ています。
タントのフロントガラスは立った(地面に対し垂直に近い)ガラスなので青・紫系が出ています。
ひとつのフィルムで、ガラスの角度・陽の当たる方向・天候・明るさ等で全く違う表情を見せる、とっても魅力的なフィルムです。




クラウン AWS210
フロントガラス・ドアガラスともゴースト2ネオ施工

少し離れた場所から
薄い紫~薄いグリーン~シャンパンゴールドが出ています。




近くから見ると視点が垂直に近くなるため青・紫が出ます。



車両を反対方向に変えるとほぼ青・紫になりました。





ドアガラスは立っていますので、
しっかりと青・紫系の色が出てます。





角度によってはこんな感じにもなります!



フロントガラス
施工後76%




フロントドア(右)
74%




フロントドア(左)
72%






タント LA650S

フロントガラス・ドアガラスともゴースト2ネオ施工






フロントガラス
施工後74%





見る角度や太陽の位置などにより色を感じない場合もあります。



フロントドア(右)
72%



フロントドア(左)
71%



フロンクォーター(右)
75%



フロンクォーター(左)
75%




プリウスα ZVW41

フロントガラスにゴースト2ネオ施工




同じ車両を脚立の上から見ると、
このように紫色が出現します。
ガラス面に対して垂直に近い目線(視点・角度)だと青や紫が出やすくなる為、
タントのようにフロントガラスが立っている車種は車両正面から見ると青や紫が出やすいのです。



フロントガラス
施工後72%




オーナー様、弊社ご利用及び、
撮影・掲載にご協力頂きまして誠にありがとうございました。

※ガラスの角度やロット・使用部分の違いにより発色の仕方や可視光線透過率は変化します。
数値及び説明は参考程度に記載したもので保証するものではありません。
可視光線透過率の保証はいかなる場合も致しかねます。

次のページ

前のページ

トップページ